三企工株式会社町の仕上げ屋さんLGSclub

052-715-9001受付:10:00〜17:00 定休日:土日祝 大型連休

事業内容SERVICES

業務内容を紹介します。

塗装

塗装には二種類大事な役割があるのはご存知でしょうか?
一つは美観・もう一つは保護という役割です。
ほとんどのお客様は美観を意識される方が多く、保護に対する意識はあまり持たれておりません。
塗装は素材を保護し建物を守り、色や柄によって美しい表現を表す大事な役割が二つある事を知って頂きたいと思います。
塗り替え時期などは、下地の素材や新築時を含めた前工事の内容よって異なることが多くありますので、専門家に見てもらう事をお勧めします。
専門家といっても塗装は難しいため、詳しくは施工経験者にしか解らない事が多く存在しております。営業マンや現場監督だけの判断では危険ですので塗装業者の同行依頼をお勧め致します。


屋根の塗装


※スレート屋根・セメント瓦など板金屋根以外の屋根の塗装工事はすべて同じ工程になります。
※塗料は水性・弱溶剤のどちらでも使用可能です。
※種類にはシリコン・フッ素・遮熱などが主に使用されます。
※浮いている釘や割れている箇所は、塗装前に補修いたします。

外壁の塗装


※外壁には、目地や開口部(サッシ周りなど)等防水処理(コーキングの施工)が必要な部分があります。

撥水コート




防水

防水も塗装同様建物を保護する大事な役割です。
屋上やバルコニー・外部通路や外部階段など雨の当たる個所には絶対に必要な工事です。
劣化をそのままにしておきますと、コンクリートの内部に雨水が侵入し雨水が溜まってしまう事があります。
防水を施工してから室内に雨漏りの現象が数年続く事も珍しくはありません。
3年から5年の点検は必ず行うことをお勧め致します。
塗装同様防水の劣化状況や不具合個所そして対応策は専門家に必ず診断してもらいましょう


防水工事


※一般住宅で多く利用されている工法になります。耐久性も高くする為に他の工法を選ばれるお客様も多くいらっしゃいます。
※溶剤系のため作業は窓を閉め換気が必要になります。

FRP防水工事


※劣化状況によってトップコート(保護材)のみで可能な工法もあります。

コーキング

コーキング工事は外壁材と設備との取り合いに出来る隙間や、外壁材と外壁材との間にある目地等に多く施工されています。
コーキングも劣化した状態が長く続くと外壁の破損や雨漏りの原因となります。
最近の住宅やアパートは現在も木造構造が主流となっており、色や柄でデザインされたボードを張り合わせる仕様が多く施工されています。耐久性も長くなりお客様が安心して生活されていることは、間違いないでしょう。
しかし目地やサッシ廻り等に使われているコーキングは外壁材のように強くはありません。早ければ3年ほどで硬く瘦せてしまい外壁との間に切れたような隙間が出始めます。外壁と同じ箇所だと思われている方が多くいらっしゃいますが全く違います。
塗り替え工事ではコーキングの上に塗装が施工されるので10年近くの耐久性があると言われますが、新築時に施工されたコーキングには塗装はされておりません。
早めに劣化にしている可能性が高いので、一度確認をする事をお勧め致します。


シール・コーキング工事




板金

板金工事は劣化も少なく耐久性に優れコーキングの使用箇所も少なく現在では屋根や外壁に多く使われています。
新築だけでなく劣化した建物を塗装では不安な方やデザインを変えたい方、災害時、建物の倒壊を防ぐために屋根を軽くしたい方など様々なお考えの方に選ばれております。
スレート屋根やサイディング壁の上から張ることが出来ますので室内への断熱効果も人気の一つです。
但しお値段が塗装より高くなりますので、慎重なリフォーム計画が必要になります。


板金工事(一般住宅・屋根)


※カバー工法は既存屋根の解体撤去の作業が必要ないので、工期の短縮が喜ばれています。
※カバー工法は遮熱効果もありますので、夏の室内温度が5℃から10℃近く温度が下がる場合があり冷房代の節約にもなります。
※耐久性にも優れていますので、15年程塗り替え等の工事はいりません。ただし、点検だけは3年から5年に一度行ってください。

板金工事(工場・屋根)


板金工事(外壁)


※工法により工程が異なります。
※既存のサッシが外壁より少し内側になる事があります。
※軒天は、塗装工事で仕上げます。

その他工事

クロス張替え工事


※光の射し方によって下地の跡が目立つ箇所が出来ます、ご了承ください。
※他巾木や廻り子(見切縁)の設置が必要な場合は別途ご相談ください。
※コーキング処理はクロスの種類や状況によって施工しない場合があります。

下地補修工事


仮設足場設置工事


調査


検査


研修


三企工のリフォーム

建築プロデュースプランナーとは?

建築プロデュースプランナーとは、施工経験と管理経験の豊富な者が各専門工種の意見や発想を取り込み、金銭をまとめ柔軟性のある企画や計画を行い、より安全により正確に目的を完遂し貢献する者である。

(建築プロデュースプランナーの条件)
施工経験7年以上(塗装・左官・防水)いずれか
現場管理業5年以上
基本的な建築知識のある者
基本的な不動産知識のある者

ドローンで屋根を点検します!
事業促進協力企業